トップ


2006年 01月 10日 ( 2 )

Mexicoの旅 <乗り物編>
c0039813_451413.jpg
メキシコ滞在の一番の思い出、といっても過言ではないこと。
それは、

パトカーの中で2006年を迎えたこと


ですね。
えっと、悪いことはしていません、念のため。

c0039813_1365711.jpg12月31日、メキシコシティは静まり返り(少なくても外は)、タクシー待ちをしてもらちがあかないところにパトカーが来て、「何してるの??」と。「タクシーを待ってるけど、来ない」と言ったら最初は「大きな通りまで乗せるから、そこから拾いなさい」という話だったけれど、大きな通りにたどり着いてもタクシーなし。そんな私たちを見かねたおまわりさん達が結局私たちの目的地まで連れて行ってくれたのです。
生まれて初めて乗ったパトカー。しかも年またぎで(笑)おまわりさん達の喋る声は後部座席には聞こえてきませんでした。おろしてもらい、お礼と新年の挨拶をしてバイバイ。いい人ばかりではないメキシコのおまわりさんたちらしいけれど、少なくてもこの人たちはいい人でした。viva!Mexicoだね、ホント♪

それにしても、メキシコシティに限らずメキシコという国にはおまわりさんがたくさんいます。警察署にいるんではなく、みんな何故か街中にいます。しかもみんなすごい暇そう・・・(笑)道を聞いたら、「待ってました!」と言わんばかりに応えてくれたし。写真↑は街中にいた可愛いおまわりさん☆



いろんな乗り物 in MexicoCity

c0039813_4534691.jpg街中にたっくさん走っている流しのタクシー。ビートルで可愛い。料金の始まりは80ペソ(約80円)くらいから。安っ!!でも、ぼったくりや強盗もしばしばあるというこのタクシーは日本人の女2人にはちょっと危険すぎて乗らず。ん?あれー?誰かと一緒に乗ったような気も・・・(笑)
あ、もちろんこのタクシー以外にもたくさんタクシーはあります。でも、基本的にタクシーは利用せず。だって高いんだもん、他に比べて。

c0039813_524285.jpgクレイジーバス。
いや、フツウのバスです。地元の人たちも利用している。料金は2.5ペソ。うん、安いです。一般的なバスよりだいぶ小さめ。で、何がクレイジーなのかといえば、運転。
初めて乗ったとき、私たちは自力で椅子に座ることが出来ませんでした(笑)他のお客さんに手を引かれ、やっと座れたっていう始末。しかも私はお隣さんの膝の上に最初座ってしまったし(照)
帰ってきた今でも分からないこと。それはどうやって降りるのか。私たちは運転手さんにあらかじめ「何処で降りたい!」と告げて、着いたら教えてもらっていたけど、他の人たちはそんなことしてないし。しかもバス停はあんまりないらしい。なんじゃそりゃ!?

c0039813_5155131.jpgc0039813_5193118.jpgSubway。
料金は均一1回2ペソ。
これまた安い。
行き先information boardがとっても可愛い&分かりやすくていい感じ。
日本の電車ほどではないけど、トロントのSubwayよりも終始混んでいた気がする。


この他にmetrobusというトロントでいうストリートカーのようなバスが走っています。料金は1回3.5ペソ。この乗り物のシステムは日本の「Suica(西日本ではイコカ?)」と同じで随分とハイテク☆メキシコの交通渋滞緩和を狙ったもので、このバスが走るレーンはこのバス以外は走れない。うん、いいことです。こんな↓感じで混んでいる道路がそのうちもうちょっとマシになったらいいんだけれど。
c0039813_5312021.jpg


村上春樹のどの本だったか忘れたけれど、メキシコでバスがエンストを起こしてもラジオは壊れない、みたいなエピソードが載っていた。今回、バスに故障はなかったけれど、本当にどのバスでも音楽がかかっている。お客様のため、というよりは運転手の自己満足って感じで。あるバスは午前中からノリノリのパーティソングだったしなぁ。
Subwayの中もCDを売り歩いている売り子のおかげで(せいで)、しょっちゅう音楽がかかっている始末。楽しくていいけど、寝ている人が多い日本で同じことをしたらきっと苦情だらけだろうな。
[PR]
by pecotiwawa | 2006-01-10 13:11 | 旅 traveling

Mexicoの旅 <飲食編>
東京を発見!!! in MexicoCity

c0039813_13431226.jpgc0039813_13433823.jpg









c0039813_1345569.jpgc0039813_13454054.jpg


どうです、これ?本物の日本食。
しかも寿司とかそういうファンシーなヤツじゃなくて、フツウの食堂みたいなメニュー。
東京、というのがこのお店の名前。
ある日、ふらふらと立ち寄ったのがこのお店。ちょびっと訝しげな外観だったけれど、
最初に出てくる酢の物を食べた瞬間、「ここは本物だ!!」と悟った私たち。
日本人シェフ&日本人のオーナー兼ウェイターさん。それ以外はメキシコ人従業員。
メキシカン料理に飽きる、もしくは胃がやられる度にここに来てました☆
約9ヶ月ぶりの本物日本食♪Coneblitaと2人でウキウキ^-^

【reataurant Tokyo】 134 Hamburgo ,5525-3935



美味しいジュースたち&お酒♪

c0039813_12184793.jpgc0039813_1219230.jpgc0039813_12193990.jpg











c0039813_12202710.jpgc0039813_12204435.jpgc0039813_12212577.jpg


メキシコのフルーツジュースは新鮮だったような気がします。
同様にフルーツを使ったお酒も美味。
この写真だけを見ると、白いお酒をいっぱい飲んでいた気がしますね。
実際はテキーラやラムもけっっっっこう飲みましたけど(笑)
写真、上の真ん中にあるピニャのジュースは本当に美味しかった!!
確か in Guadarajara
ジュースもお酒もやっぱり、日本やカナダに比べると安いな、と。
写真、下の真ん中、大きなピニャコラーダ(リップと比較)で500円くらい。

c0039813_12302764.jpg写真右→はある日の飲んだくれ光景。
何人いるのかって?私とConeblitaの2人です(笑)
この日は女2人だけで楽しい酒盛り。
おつまみはピーナッツ。渋いね。
この日も当然のごとく、テキーラのショットを注文。
本場メキシコではテキーラの種類だけで20近くあるのです。
どれがいいか皆目見当のつかない私たちはウェイターにサジェスチョン。そして当たり前のように一番高いヤツを薦められるのでした・・・。まぁ美味しかったからよしとする。

c0039813_12384079.jpgテキーラといえば、この写真のテキーラ、値段もお手ごろで美味しかったです。メキシコのリカーショップで750mlが90ペソ(1,000円以下)。日本やカナダでも買えたらいいけれど、どうなんでしょう。

もう一つ、美味しかったのが「1800 ANEJO 」というヤツ。こちらの方がお値段高めで750mlで255ペソ。と言っても3,000円しないけれど。多分、メキシコ以外で買うともっともっと高いんだろうな、と。coneblitaの友達が教えてくれたこのテキーラ♪どうやら唯一名前にナンバーが入っているそうな。

写真のテキーラボトルの後ろに写っている白い液体。これは「セクシーワイン」といわれるサボテンからとれるお酒。これも甘くて美味しかった!けれど、1日しか持たないので製品化はされていないそうな。ちぇ、残念・・・(笑)



メキシコでの食事

c0039813_13131280.jpgc0039813_13134080.jpg









c0039813_13172340.jpgc0039813_13161657.jpg









c0039813_13202017.jpgc0039813_1323018.jpg

メキシカン料理はみなさんご存知の通り、基本的に辛いです。写真左下の「モレ」はそうでもないけれど。食において一番大事なこと。メキシコでパスタを頼んではいけない!!!写真を見てもお分かりの通り、見た目からしてちょっとおかしい(細切れ)。そして温かくない。実はこれ以外にも二度違う場所でパスタを試したけれど、どれもはずれ。どうしたらこんなに美味しくないパスタが作れるのか、本当に不思議。私に調理させてよ、と言いたくなるくらい。
さて、メキシコには日本のプリンとまったく同じものがあります。スペイン語では「フラン」というけれど。メキシコ滞在中、いくつものフランをいただきました。うん、どれも美味しかったな♪
そういえば、メキシコ旅行者は最低1回お腹をこわす、という話があるらしいけれど、私はその例外になりました。ちょっと崩れかけたけれど、何とか持ち直して最後まで腹痛に襲われることはなく終了。一方、相方coneblitaは大変な痛みに見舞われてました、一度きりだけど。薬屋さんに薬を買いに一人で行く私。なんか、「はじめてのおつかい」みたいだった(笑)本当につたないスペイン語とボディランゲージで薬をGet!幸い、その日中に痛みもおさまり、それ以後は大きな痛みには見舞われずに済んだ模様。
ちなみにその痛みは「正露丸」で何とかなるようなものではないそうなので、もしも「これはいつもと違う!!!」っていう痛みに襲われたら、現地の薬屋さんで薬を買うことをお薦めします。
[PR]
by pecotiwawa | 2006-01-10 12:52 | 旅 traveling


ワーホリにてCanada Torontoへ。その後、2ヶ月Europeを旅し、英語が喋れるようになったのをいいことに外資系企業に就職。現在は転職し、これまで以上に羽ばたく(?)予定☆
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
AnnaさんFarewe..
from chammy's mumbl..
しゅうくんのFarewe..
from すっぴんゆっこのギリホリ日記
うもじゃ!?☆
from すっぴんゆっこのギリホリ日記
旅が1.8倍楽しくなる裏技
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
本当に何をしたらいいのか..
from 英語例文の情報バンキング
LINKS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧