トップ


カテゴリ:旅 traveling( 46 )

オアフ島その2 ~ Viva!自然
2月13日。まずは観光がてら、Waikiki Trolleyのシーサードライン(一周3時間)に乗ることに。
途中で見ることの出来るハナウマ湾、本当は泳ぎに行けたら最高なんだけど・・・☆
あんまり体に負担をかけられないので、オアフ島では泳がずでいいや、ってことで。

いやいやどうして、このシーサイドラインTrolley、見所満載!!
まず、ワイキキビーチ(笑)
c0039813_2337586.jpg

ダイアモンドヘッド
c0039813_23391070.jpg

ハナウマ湾
c0039813_2342530.jpg

名前、なんだっけな
c0039813_23432836.jpg

マカプウビーチ付近
c0039813_2344781.jpg

マカプウビーチ
c0039813_23444613.jpg


途中、写真撮影のために下車時間を設けてくれたりして、Trolleyじゃなくて、観光バスみたいだった♪
初めてオアフ島に行く方にはオススメのTrolleyライン。

一周し、ワイキキビーチ付近に戻る。
c0039813_23494861.jpg

空がきれいだ~!
c0039813_23501331.jpg


買い残したものを調達し、今度は夕暮れ時のビーチ。
c0039813_2352312.jpg

この後、無料で見られるウクレレ演奏&フラダンスを見ながら、ハワイアンコーヒーを飲み、幸せな時間を。
どの時間も幸せだけど。

一週間の旅ですっかり癒された!
これでまた、頑張れる。
[PR]
by pecotiwawa | 2009-02-20 23:56 | 旅 traveling

ハワイ島 → オアフ島
2月12日。朝、オアフ島に向けて飛ぶ。
それにしても、ハワイ島の空港はのんびりムードたっぷり。
なんてったって、屋外だからね。
c0039813_23131122.jpg
c0039813_2313281.jpg



そしてオアフ島、ワイキキに到着。ホテルからの眺め↓
c0039813_23144341.jpg

都会だ~!都会に来たら、買い物でしょー!!笑

アラモアナ・ショッピングセンターやら、DFSを巡り、買い物リストを片手に買い物・買い物☆
予定では両手に持ちきれないくらい買う予定だったけど・・・なんて、嘘です。
でも、買いたいものは買って。
欲しかった香水が、ハワイ州にはどうやら運び込まれていないと聞いた時にはショックだったけど。。

夕食は、いつだって混んでいるお店、The Cheesecake Factoryへ。私は別の州のに一度行ったことがあったけど、相方は初めてなので、だったら楽しいかな~と思って。まず混み様にビックリ!そして、メニューの厚さにビックリ!!だよね。
たらふく食べて、ホテルへ戻る。
夜景もキレイだ~!
c0039813_23223466.jpg


買いたいものはだいたい買ったし、明日は何をしようかな。
では、おやすみなさい。
[PR]
by pecotiwawa | 2009-02-20 23:24 | 旅 traveling

ハワイ島その3 ~ Exiting!!!
2月11日。今日は朝から晩までツアーの日。
キラウエア火山とマウナケアでの日の入&星空観賞を1日で周っちゃうよくばりなコース。
詳細はコチラ
ってなわけで、朝ホテルを出発。まず向かった先は、パーカー牧場があるワイメアという街。
c0039813_22352253.jpg

山の上も、どこもかしこもパーカーさんの牧場。その広さたるや東京23区の1.5倍。わぁ・・・!!
そこで見た、鳥の形をした(ようにしか見えない)雲。左側をくちばしに見立てて。
c0039813_22382672.jpg


その後、ヒロの街に向かう。
その前にレインボー滝に立ち寄り。
前日雨が降って濁ってしまったため、「何がレインボー!?」って言いたくなるような色の滝(笑)
c0039813_22405474.jpg

ヒロの街につき、Big Island Candiesでお土産用にクッキーをたくさん買い、その後ランチ。
そして、その後はいよいよキラウエア火山!のある、ハワイ火山国立公園
今は火山活動が活発なので、近づけない場所がたくさんあり、ハレマウマウ火口はジャガーMuseumからしか臨めない。そこからの眺めはこんな↓感じ。
c0039813_22455780.jpg

夜見ないと、赤くは見えないらしい。
今も刻一刻と活動しているかと思うと、なんだか不思議。
サーストンズ・ラバ・チューブ(溶岩のトンネル)を通ったり、元々のハワイの景色↓を見たり。
c0039813_22513672.jpg


その後いよいよ標高4,250mマウナケアから見る日の入&星空観賞へ!
マウナケアに向かう道すがらの景色↓
c0039813_22534550.jpg

見渡す限りの溶岩大地。溶岩の上にも植物は育つんだな、と感心。

さて、車は進み標高2,800m付近にある「オニヅカ・ビジター・センター」へ。
更に標高の高い場所にあがるため、ここで最低でも30分体を慣らさないといけない。
充分時間を取った後、いざ山頂で日の入観賞!と思いきや、4,000m過ぎたところが猛吹雪。
c0039813_2314858.jpg

これ以上先に進んだら危ない、という判断で泣く泣く引き返すことに・・・。
日の入は見られなかったけど、せめて星空は見たい・・・と思えど、天気は無常にも雨。
30分待っても、1時間間っても雨。
山を下りれば、星の見える量は減るけど、おそらく雨は降っていないだろうという判断で山を下ることに。
うー、残念だ。。。
なーんて山を下り始めて少しした頃、窓の外に見えるのは・・・星!!!
急いで一行車を下り、空を眺め出したら、最初は少ししか見えていなかった星達が徐々に徐々に見え出して、仕舞いにはビックリするくらいの量に!さっきまでの雨で空が洗われて、いつも以上にキレイに見えているんだね、とドライバー兼ガイド兼天体観測のプロであるお兄さんが言っていた。アンラッキーから一転、ラッキー☆
残念ながらデジカメにあの素晴らしさをおさめることは出来なかったけど、
すばる・冬の天の川・流れ星・盾や短剣を持ったオリオン座etc...心ゆくまで楽しめた。
本来見るはずだったポイントより下ったとは言え、そこも2,000m以上の場所。
そこで1時間以上星空観察をしていたら、厚手のジャケットを着ていてもカナーリ冷えた。。
みんな満足して、ホテルに帰ってくる。
大満足な1日。

おやすみなさい。明日はいよいよ、オアフ島に移動する日だ。
[PR]
by pecotiwawa | 2009-02-20 23:10 | 旅 traveling

ハワイ島その2 ~ 癒し
2月10日、この日の予定は「癒しの海」と言われるケアラケクア湾でのシュノーケリングのためにケアウホウ湾からのクルージングby Fair Wind. ケアラケクア湾は断崖絶壁・・・とは言わないけれど、陸からのアクセスが難しい場所にあるので、海からのアクセス。
c0039813_21593360.jpg


用意された簡単な朝食を食べながらのクルーズ♪
道中、写真にはおさめられなかったけど、クジラが泳いでいるのがチラッと見えたよ。
船の横をイルカ達がじゃれながら泳いでくれたり・・・!
目的地に辿り着く前から、テンションあがる、あがる(笑)

前方に見えるのは、ハワイを「発見」したキャプテン・クックの記念碑。
ということは、目的地はもうすぐそこ・・・!
c0039813_2253128.jpg


で、これがケアラケクア湾。
c0039813_2272139.jpg
c0039813_2274056.jpg

蒼い、本当に。
どれだけ眺めていても、飽きないくらいキレイ。
この海で、シュノーケリングが出来るなんて、贅沢だな。
ここでのシュノーケリング前に、クルー達からのお願い。
「船をビーチの代わりに使ってね。このキレイな場所をこれからも残していくために、海辺や海中、どこにも足をつかないで。」
汚すことは簡単だけど、ここはいつまでもこのままであってほしいな。

シュノーケリングを堪能してから、ランチは船上バーベキュー!
でも、「バーベキュー」という言葉から連想するのとはちょっと違う感じ。
ハンバーガー用の肉とソーセージが鉄板で焼かれ、バーガーに各自好きな具材(トマトとか、玉ねぎとか)をはさんで食べるってヤツ。一運動したあとだから、美味しい。
ケアウホウ湾に戻る船からの眺め。空と海、半分ずつ。
c0039813_22174938.jpg


シュノーケリング後は、ホテルに戻りシャワーを浴びたり、ちょっと昼寝をしたり。
近所のスーパーで果物や朝食の買い出しをしたりしてたら、もう夕暮れ時。
夕飯何食べようか~、といって決めたのは、ホテルから歩いていける距離にある「Kona Brewing Company」ビール工場が隣にあるPub風のレストラン(詳しくはコチラのWebページ参照)ハワイ地ビールのサンプリングが出来ちゃう☆ハワイのビールはパッケージがカワイイ!中にはコーヒー風味のビールもあったり。

満たされて、今日も1日終了~。
明日はたくさん動き回るから、今日はこれにておやすみなさい。
[PR]
by pecotiwawa | 2009-02-20 22:29 | 旅 traveling

ハワイ島その1 ~ Big Island
2月9日、成田発21:00の飛行機に乗って、辿り着いたハワイ島・コナは2月9日の9:00。
何だか得をした気分(その分、帰りに損をするんだけど・笑)
よーし、思いっきり遊ぶぞ~!と、言いたいところだけど、無理は出来ないのでゆっくり、ゆっくり。

空港からまず向かった先は、ドトールのコーヒー農園。
こんな感じ↓でコーヒーの木がたくさん植わっている。
c0039813_225335.jpg

いろんな植物があるので、中にはこんなの↓も。
c0039813_2264312.jpg


コナコーヒーを試飲したりで早速、贅沢な時間。
一説によると、沢尻エリカの結婚式引き出物の一部にココのコーヒー豆が選ばれたとか。
まさにこの3コを1セットで。
c0039813_2293569.jpg


コーヒー農園後、カイルア・コナの街へ。
丁度ランチ時だったので、東京でもたまに行くけど味比べを兼ねて「Bubba Gump Shrimp」へ。
メニューもほぼ変わらず。違うのは、目の前にキレイな海が広がっていることくらい?(笑)
c0039813_22133179.jpg


その後、ホテルでチェック・イン。
King Kamehameha's Kona Beach Hotelというところ。
今回、レンタカーという足がない私たちにはとても便利な場所にあるホテルだった。
というのも、Hele On Busや、Keauhou Resort Trolleyの停留所がホテルの目の前だったから。
カイルア・コナの街にもアクセス抜群だし☆
その代わり、ワイキキのトロリーと違ってどちらの交通手段も本数はとても限られているので、分刻みで行動したい人にはオススメ出来ないけど。でも、どちらも無料です(下の写真はHele On Bus)
c0039813_22202189.jpg


カイルア・コナの街。
ハワイ島では一番栄えている街、かもしれないけれど、本当にこじんまりしている。
メイン・ストリートのAlli Driveは、こんな感じだし。
c0039813_22231686.jpg

c0039813_22234016.jpg


街をブラブラしながら、夕日を眺めたり、写真を撮ってみたり。
ちょっと雲が多かったけど、キレイな夕焼けだったな。
c0039813_22302796.jpg


夕飯は、Alli Drive沿いのにぎわっているお店「Fish Hopper」へ。
カラマリ、マヒマヒ、ヒラメ・・・海の幸、万歳♪(写真はヒラメ)
c0039813_22332953.jpg


お腹も満たされた頃には、辺りはすっかり真っ暗。
ということで、おやすみなさい☆
[PR]
by pecotiwawa | 2009-02-19 22:36 | 旅 traveling

アメリカ西海岸&ちょっとメキシコ
2008年7月23日~30日までの旅行記。
旅行中にメモっていたものを元に加筆・修正。

7月23日(水)
c0039813_2103449.jpg

16時過ぎにSan Diego到着。友達(以下、S)に車で迎えにきてもらう。
太陽の日差しは強いけど、空気がカラッとしていて気持ち良い。
S宅に到着後、前職場の友達で今はこっちに住んでいるコ(以下、I)に電話。その後、家の近所を散策。夕食は、S宅にあったものを。22時くらいに就寝。

7月24日(木)
c0039813_2115220.jpg

朝大学に行くSの車に乗せてもらい、大学からSan Diego Trolleyに乗って、メキシコとの国境の街San Ysidroへ。Tijuana(メキシコ)への行き方は回転ドアを通るだけ!!超簡単。メキシコ~な音楽が流れていて、前回メキシコに来たことを思い出しすごく懐かしく、落ち着いた。何とも言えない微妙な店でBeef Tacos & Coca Cola(Tip込みで$7)を食べ、その後店員の友人だというテキーラ屋に連れて行ってもらい、「いつもの」アーモンド風味?のテキーラを買う。シルバーピアスを買い、スーパーでもちょっと買い物。
アメリカ入国、いつもは時間がかかるらしいけれど、ラッキーだったのか、全然時間がかからなかった。パスポートは見せるだけなので、何も残らなくてちょっとつまらない(笑)その後、Greyhoundバスで、Iに会うためにSanta Anaへ。Greyhoundの車内、すごーく寒かった・・・。Santa Anaのバスストップ、Amtrakと同じ場所で便利☆Iと再会し、Iの旦那さんMさんと会い、2人がよく行くシーフードの美味しい店に連れて行ってもらう。その後、ビーチをちょっと見に行き、Santa Anaに戻る。San Diegoに戻るAmtrakの車内はGreyhoundほど寒くなかった。

7月25日(金)
c0039813_213980.jpg

いざラスベガス!!ということで、まず腹ごしらえのためにIN-N-OUTでCheese Burger, Animal styleを食べる。美味しかった・・・のか!?渋滞だったりなんだりしながら、Route 15を北へ。Barstowの手前で車の異変に気づく。車の部品が破損・・・。なので、私はBarstowからGreyhoundでラスベガスへ、SはLAに車を直しに行くことに・・・。
Barstow→Las Vegas $27、 3 hrsとのこと。17時半出発が結局18時半出発になったので、Vegasに着いて、KAがやっているMGMグランドに到着した時には上演開始1時間後の22時半・・・。予約をしてあったホテル、Excaliburに着き、無事チェックイン。27Fの眺めのよい、キングサイズベッド&ジャグジー付きの部屋!1泊だけなら、ということで、本来予約したランクよりいいところにしてくれたみたい♪一息ついてから、Bellagioの噴水ショーを見に行く。スーパーで買い物して、おそーい夕飯(卵サンド・・・)食べて、深夜1時くらいにいざカジノへ!!スロットやブラックジャックをやる。負けたけど、「あー、ラスベガスでPlayしているんだなー」と感慨にふける。2時半くらいに切り上げ、風呂に入って寝る。

7月26日(土)
c0039813_2142682.jpg

10時前に起きて、朝食を食べる。チェックアウトして、本当は2階建てバスDeuceに乗ろうと思ったけど、結局歩いてFashion Show Mallに行く。Abercrombie & FitchとHollisterでTシャツ等を買う。Macy'sで散々水着を物色したけれど、「コレ!」ってのがなくて、やめ。Greyhoundバスディーポに行って、LA行きのチケットを買い、荷物をロッカーに預けてまた中心地へ。時間があったので、昨夜見られなかった「KA」に再トライと思ったけど、時間の関係で「O」のStandbyに並ぶ。「O」の公演開場Bellagio、なかなかのホテルだわ。バルコニー席をGet!正面で見やすい席だった。約2hrs。一言でいうなら、「すごい」に尽きる。
混んでいるDeuceに乗って、バスディーポに辿り着き、23:25のバスに乗ろうと思ったら満員で次のバス(1:35)を待つことに・・・。まぁあまり早くLAに着き過ぎても困るから、ちょうどよかった。

7月27日(日)
c0039813_2154197.jpg

結局2時に出発。4:40 - 5:10Barstowに停車して、7時前にLAに着く。Greyhoundバスディーポに近い7th streetは感じ悪し・・・。Day pass ($5)を買って、The Walk of FameやHollywood signを見に行く。ガイドブックを見ていたら、無性にKorean townのスンドゥブ・チケが食べたくなり、探すも見つからず・・・(後で別のガイドブックを見たら、私の持っていたガイドブックが指す位置と異なっていた・・・)バスでそのまま、Santa Monicaへ。Pierから海を眺め、その辺にあったお店でクラムチャウダーでも♪と思ったら、それだけ売り切れ・・・そんなぁ。もういいや、ってことで今度はGetty Centerへ。#761のGetty Centerへ向かうバス、ありえないくらいのスピードで、メキシコシティで乗ったバスを思い出した。Getty Centerへ向かうトラムも、美術館入館料も何もかも、無料なのだから、そういう風にここを運営していけるだけの莫大な富を築いたGettyに感謝。
LAのメトロはなかなか時間に正確。それにしても、国境に近いSan DiegoよりもLAの方がスパニッシュの広告、バス内でのラジオ、人々の会話をよく耳にしたような気がする。きっとアメリカ人でLAに住んでいる人々は車を使うんだろう。街はたしかにアメリカなのに、その溢れかえるスパニッシュが何となく不思議。
Union駅から、Amtrakに乗って、San Diegoへ。19時にSan Diegoに到着。曇っていて、寒い・・・。夕飯は近所のタイ料理屋でGreen Curry($8.95)を。タイ人の友達が作るやつの方が美味しい、なんて思ったけれど、すきっ腹だったので充分。その近くにあるスーパーで、カナダ時代よく食べていたシリアルを自宅用に買う。スーパーは2つしかレジがあいていなくて、10m以上の列が出来ていた・・・。

7月28日(月)
c0039813_2173316.jpg

例によって大学まで送ってもらい、Trolleyへ。途中、火事があった(実際に火事があったのは前日夜らしいけれど)ということで降ろされ、バスに乗って2駅先まで行き、散々待ってまたTrolleyに乗る、というハプニングがありつつも、無事ダウンタウンに到着し、まずはHorton Plazaへ。Coachで名刺入れを探していたのに、ついBagを買ってしまった・・・。後に日本で値段を調べてみたら、同じものが3万円以上高く売っていた。
その後、Seaport Villageへ。写真撮ったり、ぶらぶらしたり。Anthony's Fish Grottoのカジュアルな方、FishetteでRed Clam Chowder($3.5)を海を眺めながら食べる。美味しかった。それから、Fashion Valley Mallへ。Macy'sで母親から頼まれていたBagを買い、またしてもCoachのBagに惹かれる(笑)Abercroのスウェット($59.5)、気持ちいい。スノボのインナーにいいなぁ☆
Sとここで待ち合わせして、The Cheesecake FactoryでPizza & Saladとオリジナルチーズケーキを注文。全て、美味しかった。しいていえば、チーズケーキの背がちょっと甘すぎたけど。実はこれがSと食べる初めてのご飯。

San Diegoは晴れがとても似合う街。
18時ごろ家に着いて、どこかをブラブラ・・・と思ったけれど、3hrsくらい寝てしまった・・・。起きてからS宅にあった、東野圭吾の『どちらかが彼女を殺した』を読み始める。出かけていたSが帰ってきて、ちょっと話す。本を読み終わったの、結局3時半也。。

7月29日(火)
c0039813_218232.jpg

3時間半くらい眠り、7時過ぎに起き、8時くらいに家を出て空港まで車で送ってもらう。
San DiegoからLAまでのフライトは乗客29名定員の小さなCommuter用の飛行機で。
LAの空港で、Tokyo行きの飛行機を待っている間に地震が・・・。隣の人が貧乏揺すりしているのかと思った。。Chino Hillsというところが震源のM5.4?の地震だったよう。
でも、飛行機が遅れることはなく、定時に出発。
飛んでいる間に一日が進み、成田に到着した時には30日の18時前になっていた。
もっともっと暑いかと思ったけれど、そこまででもなかったよ、東京。

1日一枚の写真しか載せていないので、残りが見たい!という方はコチラを見てください。
[PR]
by pecotiwawa | 2008-08-03 15:52 | 旅 traveling

思い出したようにヴェネツィア(Venice)
8月下旬から9月初旬にかけて、イタリアのヴェネツィアではヴェネツィア国際映画祭が開かれる・・・そうです。
「そうです」というのは、この存在は知っていたけど、いつ・ヴェネツィアの何処で、というのは知らなかったから。開かれる会場はヴェネツィア本島ではなく、リゾート地として知られる、リド島(Lido)というところらしいです。
Lidoは、
c0039813_17462077.jpg

こんな感じのビーチがあったりするところで、
c0039813_17463159.jpg

ヴェネツィア本島にはない道路があって、車が走っています。
正確にはヴェネツィア本島にだって車はいるけれど、いわゆる観光をするにあたってのヴェネツィアにおいて、車は見ません、というか、道的に不可能。車に限らず、バイクも自転車も無理。だって、階段を登ったり下ったりする橋が街中のそこかしこにあるんだもの。車がいないこと前提なので、道も狭い。
c0039813_1755547.jpg

ヴェネツィア、水の都。
その名にふさわしくヴェネツィアはとにかく水・水・水。
どこにいくにも船(というか、ボート)が必要で、公共交通機関はヴァポレット(Vaporetto)と呼ばれる水上バスだし、Taxiはモーターボート。あと、おなじみゴンドラ。
そこら辺から聞こえてくるエンジン音は車でもバイクでもなくて、誰か所有の小型ボート。混んでいるのは道路じゃなくて、水上・笑
c0039813_2024036.jpg


地図を持って歩いていても、一日一回以上迷子になるような街。
そんな迷子も楽しいけれど。
私の滞在先はヴェネツィア本島ではなかったため、何処かに出かけても最後はサンマルコ広場からボードに乗らなくてはいけない。で、サンマルコ広場への帰り方。それは、
c0039813_181893.jpg
このサイン(PER S.MARCO)どおりに歩くだけ。いたってシンプル。

泊まっていたのはジューデッカ島というところにあるユースホステル。
見た目は立派。でも中は、う~ん。。。(OSTELLO VENEZIA)
c0039813_1835691.jpg

他の宿泊施設に比べれば安いから、今回の私のように節約したい人にはよいのかも☆それから夕暮れや朝焼けも素敵♪

c0039813_20324463.jpg


そう、ヴェネツィアは高い。
先に書いた市民の足、ヴァポレットの一回券が5ユーロ、つまり750円くらい。
どのくらいの距離を移動するにもこの料金。
72時間乗り放題で22ユーロがあるので、何日か滞在するなら是非是非買うべし!
これさえあれば何処にでも行けるのです♪
だから、リド島にも行ってきたわけで・笑
その他にもヴェネツィアンガラスで有名なムラーノ島↓や
c0039813_2015299.jpg

色とりどりの家が並ぶブラーノ島↓にも
c0039813_20194531.jpg

足を延ばしてみました。

今回は夏、真っ盛りに行ったので、
次にもし行く機会があれば、冬とまではいかなくても暑すぎない時期に行きたいものです。
c0039813_2046346.jpg

c0039813_20462122.jpg

c0039813_20464086.jpg

c0039813_20465432.jpg

c0039813_2047840.jpg

c0039813_20481552.jpg

[PR]
by pecotiwawa | 2006-09-17 18:05 | 旅 traveling

Youth Hostelを予約する際に役に立ったサイト
はい、ご無沙汰です。。
日本に帰国してもうすぐ1ヶ月が経とうとしてますが、未だ就職活動中の身。
お金はないけど、時間アリ(なら、旅ブログの続き書けよっ!って感じですけどね・笑)
の割には、たくさんお出かけしてます。


さてさて今日は、私がヨーロッパを旅する時、一番多く宿泊した場所、Youth Hostelを予約する際に役に立ったサイトたちのことでも書こうかと。
実は今回の旅、夏の一番混みそうな時期に気持ちよくぶつかっていて、
「We're sorry!! It's already full,so you can't stay here. Please go and ask somewhere else.(すみません、もう既にいっぱいなので泊まれないんですよ。他を当たってくれませんか。)」
なぁんてことになるのが嫌だったので、ある程度はあらかじめカナダにいる時にネットから予約。
その時に使ったサイトが主に以下の2つ。
  • Travel Cuts ・・・私のインターン先だったカナダの旅行会社。予約する際にUS$2の手数料が取られるけど、情報満載でよかった♪(何よりもよかったのは、インターン中に見ててもたいして怪しまれなかったこと・笑)
  • Hostelz ・・・予約手数料もないし、今まで泊まった人々のレビューも見られるので、カナリ参考になった☆ただ、レビューはとても主観的に書かれているものも多いので、星の数はあんまり当てにならないかも。みんなが5つ星評価してる、とかいう場合は別だけど。

私はあんまり使わなかったけど、他のみんなが使ってた検索の定番サイト↓
  • hostelworld.com ・・・内容はほぼ上の二つと一緒。ちなみに予約手数料はUS$2のはず。


上記3つ、全て英語なので、もし英語はちょっと・・・と言う時は、
  • Hostel Times ・・・これもほぼ上記3つと一緒。予約手数料、これもUS$2、だったような。。。

ユースホステル協会に登録されているところだったら、ここ↓からも予約できます。
そのうち、私が泊まったホステルの評価でも書こう、かな。
[PR]
by pecotiwawa | 2006-09-02 15:36 | 旅 traveling

6月21日 リヒテンシュタイン日帰り旅。
ちょっと今更感もあるけれど、せっかくなのでヨーロッパ旅を振り返ります(^^;
Parisまでは以前書いたので、その続き☆



6月21日、Parisから帰ってきた翌日、スイスとオーストリアの間にあるちいさーーーな国、リヒテンシュタイン(Liechtenstein)に日帰り旅に行くことに。何故かといえば、その時泊まらせてもらっていた友達宅から1時間くらいで行ける場所、というか国だったから。
友達は用があったので、一人でぶらりと。
向かった先はリヒテンシュタインの首都、ファドゥーツ(Vaduz)。スイスのサルガンス(Sargans)からバスに乗っていくのだけれど、気がついたらもうリヒテンシュタイン国内。特に入国審査とかはなし。

【リヒテンシュタイン基礎情報 by 外務省】

で、リヒテンシュタイン、というかファドゥーツは
c0039813_14521058.jpg
丘の上にリヒテンシュタイン元首の公爵が住むファドゥーツ城があり、
c0039813_14522594.jpg
国旗と同じデザインの牛がいて、
c0039813_1452379.jpg
市中心部がこんな感じの

街でした。
というか、スイスと何ら変わりなしっ!
言語もスイス北東部と同じドイツ語で、
使用通貨はスイスフランで、
大使館機能もスイスが兼ねているのだから、そりゃそうかもだけど。
小さくてのんびりしたかわいい街でしたけどね☆

そういえば。
入国審査は特にないけれど、希望すればリヒテンシュタイン入国オフィシャルスタンプ、ファドゥーツ内にあるinformation centerにてGetできます。2フラン(だいたい200円)払わなくちゃいけないけど(^^; 私? もちろんもらってきましたよ♪パスポートの好きなページにきれいに押してくれるからちょっと嬉しい^-^

3時間弱、のんびりこの国に滞在して、スイスへと戻ったのでした♪
他の都市に行けば、この国の違った顔が見られるのかもしれないです。

リヒテンシュタインのことが詳しく載っているHP↓
【リヒテンシュタインの歩き方】
[PR]
by pecotiwawa | 2006-08-18 15:14 | 旅 traveling

久々の日本は・・・
「そうか、エスカレーターは左に立つんだった」
「三菱東京UFJ銀行???」
「つくばエクスプレス、もう開通したんだ~」

そんなところから始まったわけで。

ヨーロッパにて、街中&ビーチで日焼けをした私は本当にホントに黒いらしく、
どこかの街の誰かに言われたように、どこか違う国(というか島)のコに見えるらしい・笑
それから。
多分精神的にもだけど、確実に肉体的に一回り大きくなった私。。
華奢、という言葉、間違っても今の私には当てはまりません、あはは。
「健康的でいいよ」って言われるのを鵜呑みしてたら大変なことになりそうなので体引き締め計画をスタートさせねば!と思い中。

14ヶ月のカナダ生活と2ヶ月のヨーロッパ旅行で心身ともに成長した(はず)のpecoと是非遊んでやって下さいな♪ 遊ぶ前に仕事見つけろよ!って話もあるけど(苦笑)

そのうち、旅のまとめ日記でも書こうと思ってます♪
[PR]
by pecotiwawa | 2006-08-09 16:11 | 旅 traveling


ワーホリにてCanada Torontoへ。その後、2ヶ月Europeを旅し、英語が喋れるようになったのをいいことに外資系企業に就職。現在は転職し、これまで以上に羽ばたく(?)予定☆
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
AnnaさんFarewe..
from chammy's mumbl..
しゅうくんのFarewe..
from すっぴんゆっこのギリホリ日記
うもじゃ!?☆
from すっぴんゆっこのギリホリ日記
旅が1.8倍楽しくなる裏技
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
本当に何をしたらいいのか..
from 英語例文の情報バンキング
LINKS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧